TOYOTA Rental & Leasing

MENU

人材育成TRAINING

トヨタレンタリースでは、トヨタのブランド力に加えて、お客様のために考えて行動できる社員の営業力や接客力が何よりも大きな強みとなっています。そんな人材を育成する仕組みの一部をご紹介します。

成長を支援する仕組み

01

トヨタ自動車が実施する研修

全国のトヨタレンタリース店各社が実施する研修に加え、トヨタ自動車が直接、階層に合わせた体系的な教育研修を行っています。スタッフ、マネジャー、経営幹部向けに各種の集合教育を準備。また、レンタリース店個社の営業力強化のための出張研修も実施しています。
営業力、マネジメント力、経営力の習得を、知識と技術の両面から支援します。

02

トヨタ営業スタッフ技能検定

現時点での実務能力を測り、この業界のプロとしてふさわしい職務能力を身につけられるように、トヨタ自動車が実施する検定。リースとレンタルでそれぞれ1~3級の段階に分かれており、トヨタ自動車作成のテキストをもとに、eラーニングも活用して学習します。試験は学科試験・記述式試験に加えて、実務にそったロールプレイングで構成。結果がフィードバックされるため、自分に足りない部分を客観的に振り返ることにも使われます。

03

店頭応対コンクール

トヨタ自動車が年に一度開催する、レンタカー業務での接客技術を競うコンクール。社内大会から始まり、優勝者は全国8つに分けられたブロック大会、さらに全国大会へと進みます。一連の接客シーンを切り取って、応対技術や提案の質などを競います。このコンクールに向けて、各社が入社年次の浅いスタッフを中心に指導することで、トヨタレンタリース全体の接客レベルを高める機能も果たしています。

店頭応対コンクール受賞者のインタビュー

エントリーについてENTRY

選考・採用は、各地域のトヨタレンタリースが独立して実施しています。
あなたが希望する地域のトヨタレンタリースを選択して、個別の会社へのエントリーをお願いします。

働く地域と会社を探す