TOYOTA Rental & Leasing

MENU

事業紹介BUSINESS

~トヨタレンタリースの
今と未来~

トヨタのクルマやサービスを初めて利用する方も大勢お越しになるトヨタレンタリース店は、いわばお客様とトヨタが出会うきっかけの場所。トヨタ自動車が提供するブランドやノウハウ、システムと、それぞれの地域に根ざした、トヨタレンタリース各社が培った提案力を組み合わせることで、お客様とトヨタが長いお付き合いをしていただけるような関係を作りたいのです。
所有から利用・活用へ。必要に応じてクルマを便利に使っていただく。トヨタレンタリースは、お客様の様々なニーズにお応えすることで未来のカーライフをサポートしていく。そんな存在、トータルモビリティパートナーでありたいと願っています。

レンタカービジネス

数時間から数か月単位の、一時的なクルマの利用ニーズにお応えするのがレンタカービジネス。乗用車からトラックまで多彩なラインナップを用意し、様々なご要望に的確にお応えします。

01

業界No.1の保有台数で、
地域に貢献する。

トヨタレンタリースでは業界No.1の12万台以上の車両を保有し、全国47都道府県に約1,200ヶ所、主要駅や主要空港、街中に数多くの営業店舗を開設しています。全国約5,000ヶ所のトヨタテクノショップなどでメンテナンスも万全。いつもベストコンディションのクルマをご用意して、地域に根ざしたサービスを展開しています。
※出典: 2017年6月 株式会社交通毎日新聞社

02

実はビジネスにとっても
欠かせない。

レンタカー業界全体の車両数は、10年前と比較して約1.7倍に増えています
レンタカーというと実はビジネスニーズも高いんです。トヨタレンタリースでのビジネスとレジャーの利用比率は5:3。クルマは企業の営業活動にとって必要不可欠な存在です。日々の業務のための社用車として、また出張先で機動的に回りたいときなど、レンタカーはビジネスパーソンのパートナーでもあるのです。
※出典: 国土交通省ホームページ
(http://www.mlit.go.jp/common/001032918.pdf)

03

外国人の方のご利用も
増えています。

2016年の訪日外国人旅行者数は過去最高の2,400万人以上で、これはなんと5年前の4倍近い数字です。
ちなみに、東京オリンピック開催時の2020年時点では、4,000万人という目標を政府は設定しているそうです※1。2015年に日本国内でレンタカーを利用した訪日外国人は約70万人で、こちらも全体の数字と比例して、2011年の18万人から5年間で約4倍に増えており、業界の需要も右肩上がりです※2
トヨタレンタリースでは、レンタカーの外国語版予約サイトの立ち上げや、外国人のお客様への接客のための語学研修を実施しているレンタリース店もあり、増加するニーズに応えています。
※1出典: 日本政府観光局(JNTO)
※2出典: 国土交通省ホームページ
(https://www.mlit.go.jp/common/001198228.pdf)

所有から利用・活用へ、
広がるレンタカー業界の未来。

ビジネス、レジャー、それぞれのシーンでレンタカーの活躍の場は広がり、昨今はカーシェアリングの市場も年々拡大を見せるなど、クルマは所有するだけでなく、利用・活用の方法が多様化しています。盛り上がる業界の中、トヨタレンタリースは店舗数や保有台数に基づくブランド力と、何より高品質の接客力と提案力で、多様性を増して進化するレンタカー業界をリードして、さらなる成長を目指しています。

カーリースビジネス

「カーリース」とは、月々一定のお支払いで、購入・維持費、管理の手間をかけずに合理的にクルマをご利用いただけるサービスです。
クルマのプロとして、コスト面・管理面・安全面等の課題やニーズをお客様にお伺いし、もっといいクルマの使い方をご提案するのがリースの仕事です。

01

様々な企業が
ビジネスパートナー。

国内のリース車は業界全体で347万台。幅広い企業でリース導入が進んでいます。営業のときに使うクルマはもちろん、配送トラックやバス、タクシー、フォークリフトなどの産業車両、救急車などの特殊車両まで、様々な現場でカーリースが導入されています。様々な企業や官公庁に、トヨタレンタリースのビジネスパートナーになっていただいています。
※出典: (社)日本自動車リース協会連合会 2017年3月末時点

写真は合成です

02

トヨタレンタリースだから
できること。

トヨタ直系のリース会社として、トヨタ全車約70車種のフルラインナップ。また、トヨタ販売店と連携して約5,000ヶ所のサービスネットワークを利用できるため、メンテナンスや万一の事故時に迅速な対応が可能です。そして、トヨタ車のことを知り尽くした約1,500人のリーススタッフが、お客様の課題や実情に寄り添って、ソリューションや最適プランのご提案をいたします。全国に広がるネットワークと地域密着の迅速かつきめ細かなサービスで、お客様のいちばん身近で、多彩なニーズにお応えします。

所有から利用・活用へ、
拡大するカーリースマーケットの未来。

2011年以降、市場全体のリース車の保有台数は6年連続で上昇中。クルマは所有するだけでなく、利用・活用の方法が多様化し、カーリースマーケットも年々拡大しています。
トヨタレンタリースではさらなるリース市場の開拓のため、エコドライブによる燃費削減や、安心安全にリース車両をお使いいただくための付加価値サービスのコンサルティングを継続していくことで、業界のトップ集団であり続けたいと思っています。
※出典: (社)日本自動車リース協会連合会

エントリーについてENTRY

選考・採用は、各地域のトヨタレンタリースが独立して実施しています。
あなたが希望する地域のトヨタレンタリースを選択して、個別の会社へのエントリーをお願いします。

働く地域と会社を探す